新刊書のご案内


日刊工業新聞社
2017年3月28日
4000円  (税別)


株式会社KADOKAWA
2017年3月23日
1200円  (税別)

危険学プロジェクト バージョンⅡ
2015年度末報告会のご案内


2016年3月20日開催(本イベントは終了しました。)
――――――――――――――――――――――――――――――――――


  危険学プロジェクト・バージョンⅡを始めて4年が経ちました.危険学プロジェクト・バージョンⅠを2007年に始め,5年経ったところでバージョンⅡに移行致しました.バージョンⅡで活動しているグループは次の通りです.

  
  私的に始めた本プロジェクトは多くの参加者と協力企業のお蔭で,今年度も様々な活動をすることができました.活動の成果を皆様にお伝えし,「危険」に関する新しい考え方を皆様と共有するために,プロジェクトメンバーだけでなく,広く関心のある方々にもご参加戴けるよう,本プロジェクトでは,年に一度公開の報告会を開催致して参りました.2015年度も下記により年度末報告会を開催いたしますので,皆様是非ご参加ください.

※ 危険学プロジェクトの「研究趣旨と概要」はこちらからご覧になれます.


*******************************************************************
危険学プロジェクト・バージョンⅡ 2015年度末報告会


【日時】:2016年3月20日(日)13時~18時00分(開場12時30分)
【場所】:アカデミーヒルズ 49階タワーホール
     東京都港区六本木6-10-11 
     六本木ヒルズ森タワー49階

http://www.academyhills.com/aboutus/access/
【費用】:資料代 1,500円 (当日渡し)
※ 録画・録音・写真撮影 : 不可

【主催】:危険学プロジェクト
【協力】:アカデミーヒルズ
【後援】:畑村創造工学研究所


【お申込み】 お申し込みは以下のリンクからお願い致します.
  【一般でお申し込みの方】
  【失敗学会・畑村主催研究会枠】
  【危険学プロジェクト枠】

※ お申し込みはTEL・FAXでは受け付けません.また,座席には限りがありますので,お申込みは早めにお願いします.

********************************************************************
【プログラム】
12:30 開場
13:00 開会,開会挨拶 畑村洋太郎 危険学プロジェクト代表
13:05 「危険学プロジェクト バージョンⅡ 4年目を振り返って」 
      畑村洋太郎 危険学プロジェクト代表
14:05 活動報告:グループ(4),(7),(8)
15:10 休憩
15:25 活動報告(続き):グループ(10),(11),(12),(14)
16:50 休憩(質問票回収)
17:05 グループ(15)報告,及び特別報告:「『告発の正義』を考える」
     郷原信郎 郷原総合コンプライアンス法律事務所 代表
17:35 質疑応答
17:50 次年度以降の活動内容
17:55 閉会挨拶
18:00 閉会


【各グループ活動報告の主旨は次の通りです.】
グループ(0)「危険と社会」
  いくら懸命に努力しても危険は残ると考えるべき.
グループ(4) 「情報とシステム」
  メディアと情報伝達の危険を知って情報を効果的に伝えよう.
グループ(7) 「遊具」
  遊具Ver.Ⅰで開発された遊具の評価・改良と新型遊具の検討.
グループ(8) 「子どものための危険学」
  都内の小学校7校で危険学の出張授業を実施.
グループ(10) 「災害」
  自然災害多発国の日本では国民が自発的にそれぞれの場で備えるべき.
グループ(11) 「ベンチマーク」
  複雑・巨大システムほどリスク対策,情報共有が重要.
グループ(12) 「原子力」
  リスクを正しく恐れてエネルギー源を自ら選択.
グループ(14) 「高齢者」
  日本の未来のキーは考え行動し続ける高齢者.
グループ(15)「社会インフラ」
  社会インフラの老朽化への対応が求められている.

********************************************************************
【問い合わせ先】
畑村創造工学研究所神田分室 危険学プロジェクト事務局
Tel : 03-3253-0231   Fax : 03-3253-0232
E-mail:kikengaku-houkoku@sozogaku.com